ホーム | 管理モード
Camuras Photo
トップ  > 昇仙峡

昇仙峡

昇仙峡(しょうせんきょう)は、山梨県甲府市、甲府盆地北側、富士川の支流、荒川上流に位置する渓谷である。
1923年(大正12年)に国指定名勝に指定され、さらに1953年(昭和28年)に特別名勝に格上げされている。
正式名称は御嶽昇仙峡(みたけしょうせんきょう)であるが、一般には御岳昇仙峡と新字体で書かれる事が多い。
秩父多摩甲斐国立公園に属し、同公園を代表する景勝地として知られる。
長潭橋(ながとろばし)から仙娥滝までの全長約5キロメートルに亘る渓谷は、川が花崗岩を深く侵食したことにより形成された。
渓谷内には、奇岩が至る所に見られる。日本二十五勝、平成の名水百選等に選定されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%87%E4%BB%99%E5%B3%A1

470-1.jpg 469-1.jpg 468-1.jpg 467-1.jpg 466-1.jpg 465-1.jpg