初めて来た人はAboutへ

更新情報はRSS配信及び右に表示するようにしました!
RSSアドレス luna.velvet.jp/rss/rss.xml


■最近の更新情報とか


■こっちはいろいろ

◇ 攻略関連全般
 └ 管理人がやったゲームの攻略情報です。
◇ 写真置き場
 └ 完全趣味。
◇ 写真素材
 └ 使っても良いという奇特な方がおられればどうぞ。
◇ ちょっとしたメモ
 └ 主にゲーム関係の話題はココにかいてます。

フォトランキングも参加しています。

Photo Site Navi


■ 2013年11月22日(Fri)08:59  カステル・デル・モンテ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86

カステル・デル・モンテ(イタリア語: Castel del Monte)は、イタリア共和国南部のプッリャ州アンドリアの郊外にある中世の城。
13世紀に神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世(フェデリーコ2世)によって建築された。
八角形を象徴的に取り入れた設計になっており、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。

イタリア語で、「カステル」が城、「モンテ」が山で「山の城」を意味する。
このことからモンテ城、デルモンテ城とも和訳されている。

アンドリア市街から南へ約20km、サンタ・マリア・デル・モンテの集落の近くに位置する。
付近一帯はアルタムルジャ国立公園(Parco Nazionale dell'Alta Murgia)として指定されている。

建造者であるフリードリヒ2世のイスラム教への理解を示すかのごとく、築城の位置は当時のキリスト教の拠点であるシャルトルとイスラムの中心メッカとの2点を結ぶ直線上の地点に立地している。(Google Map)

丘の上にぽつんと立つ美しい城で、フリードリヒ2世の数学へ造詣を表す黄金比を用いた八角形を象徴的に取り入れており、全体が八角形の平面で構成され、中央に八角形の中庭を内包し、8つのコーナーにはそれぞれ八角形の小塔がそびえる。

イタリアのユネスコ・世界遺産(文化遺産)の一つになっていて、1ユーロセント硬貨の裏面にもなっている。

この城は軍事上でも居城でもなく別荘または客をもてなすために使用されたと考えられている。

-----------------------------------------------------------------------

平原らしく、相当広い範囲からこの城は見えるそうです。
面白い形をしていますね。


■ 2013年11月20日(Wed)08:54  クラック!?
まだ買って数ヶ月のメガネ。
使っているときずはつくものですが、
怪しい傷が一本あるのを発見。

http://www.tokaiopt.jp/lens/advice33.php

簡単に直る方法があればいいんですが。


■ 2013年11月16日(Sat)18:46  ストロマトライト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88

ストロマトライト(英: stromatolite)は、藍藻(シアノバクテリア)類の死骸と泥粒などによって作られる層状の構造をもつ岩石のことである。
特に、内部の断面が層状になっているものを指す。

ストロマトライトは藍藻類と堆積物が何層にも積み重なって形成される。

藍藻類が砂や泥の表面に定着し、日中に光合成を行う。
夜間の休止期には、泥などの堆積物を粘液で固定する。
藍藻類は呼吸するために上部へ分裂し、翌日には再び光合成を始める。

この繰り返しで、ストロマトライトは徐々にドーム型に成長していく。
成長速度は非常に遅く、1年に数mm程度しか成長しない。
なお、ストロマトライトの断面にある縞模様から、当時の一日の長さが推測できる。

------------------------------------------------------

ストロマトライトって生き物なのかと思っていましたが、
違うんですね。



■ 2013年11月04日(Mon)22:19  国立科学博物館
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8

国立科学博物館(こくりつかがくはくぶつかん、英称:National Museum of Nature and Science、略称:かはく、科博)は、独立行政法人国立科学博物館が運営する博物館施設。

当館は1872年、湯島聖堂内に博物館を設立したことに起源をもつ。
創立は1877年に教育博物館が設置されたときとしている。
その後、高等師範学校の附属となり、博物館としては活動が停滞していた時期もある。
大正時代に科学博物館設立の機運が高まったことを受けて、1930年上野公園内に新館(現在、日本館と呼ばれている建物)が建てられ、その翌年には東京科学博物館と改称され、東京市の施設となった。
1949年には国に移管され、現在の国立科学博物館となる。
その後、自然教育園や資源科学研究所を組み込んだ。筑波研究学園都市の開発に伴って、筑波実験植物園が附属施設として設置された。
これによっておおまかな現在の拠点がそろうことになる。

--------------------------------------------------------------------

昨日行ってきました。
入館無料も重なってか、恐ろしく人が多い日でした。
子供も多いせいか、ゆっくり見ることには向いていないようですね。
あと、気のせいか、展示物は広く浅くという印象がありました。

今度は美術系のところにいこうかなぁ。

そいえばそろそろ携帯を新しくしようか考え中です。
いい加減古くなってきた。。


過去ログ 2009年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 

一覧 / 検索

t: t: y:

動作確認:Windows7/IE11/FireFox43/解像度1366×768 | Sorry...this site is written by only Japanese. | *フレームが無い場合はここ


Camuras...2003-2017