初めて来た人はAboutへ

更新情報はRSS配信及び右に表示するようにしました!
RSSアドレス luna.velvet.jp/rss/rss.xml


■最近の更新情報とか


■こっちはいろいろ

◇ 攻略関連全般
 └ 管理人がやったゲームの攻略情報です。
◇ 写真置き場
 └ 完全趣味。
◇ 写真素材
 └ 使っても良いという奇特な方がおられればどうぞ。
◇ ちょっとしたメモ
 └ 主にゲーム関係の話題はココにかいてます。

フォトランキングも参加しています。

Photo Site Navi


■ 2013年06月23日(Sun)08:31  ブルーアワー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC


ブルーアワー(blue hour)は、日の出前と日の入り後の、空が濃い青色に染まる時間帯のことである。
元々はフランス語のl'heure bleueに由来し、諸言語においても直訳されている表現である。しばしば日の出前に限るとされる。

この空の色は、日中の明るい青(空色)や明け方・夕方の赤とは異なり、大気によるレイリー散乱だけでは説明できない。
レイリー散乱のみを考慮した場合、薄明における空の色は淡緑ないし淡黄になると考えられる。
実際には高層大気にオゾン層が存在しており、オゾンの吸収スペクトルのうちシャピュ帯(450nm-850nm)の影響が大きくなることで、濃い青色の光のみが空を照らすことになる。

空の明るさが室内照明や街灯などと同程度まで減衰しているため、とくに写真や映画を撮影する際に独特の雰囲気を表現できる時間帯として知られている。

--------------------------------------------------

旅行に出たりするとよく見かけますね。


■ 2013年06月15日(Sat)09:51  マグナ・カルタ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%BF

マグナ・カルタまたは大憲章(だいけんしょう)(羅: Magna Carta、羅: Magna Carta Libertatum、英: the Great Charter of the Liberties of England)は、
イングランド王国においてジョン王により制定された憲章であり、イングランド国王の権限の制限をその内容とする。

マグナ・カルタはラニーミードにおいて1215年6月15日に制定。
すべての条文はその後廃止されたが前文は廃止されずに現行法として残っており、現在でもイギリスにおいて憲法を構成する法典の一つである。

写しが大量に書かれたため、各地に残っているが、イングランド内に現存するオリジナルの文書は4通である。

--------------------------------------------------------------------

日本とはまったく異なる道を歩んでいますね。


■ 2013年06月08日(Sat)19:36  アリューシャン列島
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E5%88%97%E5%B3%B6

アリューシャン列島(アリューシャンれっとう、英語: Aleutian Islands; 「アレウトの島々」の意)は、北太平洋に弧状に連なり、アメリカのアラスカ半島からロシアのカムチャツカ半島にかけて約1,930キロメートルにわたって延びる列島。

アリューシャン列島はフォックス諸島、en:Islands of Four Mountains、アンドリアノフ諸島、ラット諸島、en:Buldir Island、ニア諸島、コマンドルスキー諸島からなり、全島が北緯52度から55度、東経172度から西経163度に位置する。
大部分がアラスカ州に属しているが、西端のコマンドルスキー諸島はロシアに属し、環太平洋造山帯の一部を構成する。

アッツ島の西に日付変更線が通っている。


■ 2013年06月02日(Sun)09:50  有機化合物
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E5%8C%96%E5%90%88%E7%89%A9

有機化合物(ゆうきかごうぶつ、英語: organic compounds)は、有機物質(ゆうきぶっしつ)あるいは有機物(ゆうきぶつ)とも呼ばれる、炭素を含む化合物である。
18世紀には生物、すなわち有機体 (organisms) に由来する化合物には生命力が宿っているため特別な性質を持つとみなされており、イェンス・ベルセリウスは物質を生物から得られるものと鉱物から得られるものとに分け、それぞれ「有機化合物」「無機化合物」と定義した。
その後、フリードリヒ・ヴェーラーが無機物から有機物を人工的に作り出すことに成功すると、この定義は意義を失ったが、以降有機化合物を扱う有機化学は飛躍的な発展を遂げることになった。

このような歴史的背景から、炭素原子を含む化合物であっても、単純なものは慣例として無機化合物とされる。
たとえば、一酸化炭素、二酸化炭素、炭酸塩、青酸、シアン酸塩、チオシアン酸塩などである。

有機化合物は、一般に無機化合物に比べて多様な構造および性質を持つ。
主な理由としては、炭素骨格の長さおよび分岐の多様性に関して制限がないため、ならびに窒素、酸素、硫黄、燐、またはハロゲンなどが炭素に結合した多様な官能基が形作られ、各官能基が特有の性質を示すためである。
ほとんど無限といってさしつかえのないほどの有機化合物の多様性はまた、生物の構成要素としての化学物質に必要な性質ともいえる。


過去ログ 2009年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 

一覧 / 検索

t: t: y:

動作確認:Windows7/IE11/FireFox43/解像度1366×768 | Sorry...this site is written by only Japanese. | *フレームが無い場合はここ


Camuras...2003-2017